admin

企業活動のM&Aとは何か? 知っておきたい基礎知識

効率的に企業の価値を高める手段

M&AとはMerrer and Acquisitionの略称で、日本語に訳すと「合併と買収」になります。文字通り、複数の企業がひとつの組織として再編成(統合)されたり、ある企業が別の企業の事業または株式の一部を買い取ったりする行為を差します。なぜこのような行為が行われるかというと、「自社の弱点を(手軽に)補いたい」という理由が一般的です。具体的な例をあげると、流通業では自社の店舗数を増やすためにライバルのチェーン店を統合したり、製造業であれば自社にない開発技術を持った企業(事業)を手に入れたりします。どちらの例も、M&Aの選択肢を使わずに自社の努力で店舗数の増加や技術開発を行うことは可能ですが、時間も予算もかかり、成功するとは限りません。M&Aのほうが総合的なコストが安いと判断された場合、他社に統合や買収の話を持ちかけるのです。

統合(買収)される側の思惑は?

M&Aを持ちかける側は、うまく行けば新たな組織や技術を手に入れられます。持ちかけられた側は自社組織が大きく変わってしまう可能性がありますが、なぜM&Aを受け入れるのでしょうか。その理由はいろいろ考えられますが、「将来への不安」が代表的な例です。経営が不調な時期が続いたときにM&Aの話が来たら、「倒産のリスクを回避するために受け入れよう」と考える経営者がいます。また、全面的に他社と統合されるのは困るが当面の資金は欲しい場合なら、事業の一部を他社に譲る場合もあるのです。全面的であれ部分的であれ、組織の再編成を成功させるには時間がかかる傾向があります。

M&Aとは合併と買収を省略したものです。ある企業が他の企業と合併することや、他の企業の株式や事業などを買収することを指します。

Related Posts