admin

社長が抱える大きな課題! 「事業継承」のポイントとは

会社を誰に継がせるのか? 難しい課題

事業継承とは、会社の運営を次世代に引き継ぐ行為のことです。現役の社長が永遠に経営責任者であり続けることはできません。いつ、誰に経営権を譲るのかは大きな問題です。一般的には、親族の従業員に譲る例と親族以外の従業員に譲る例があります。どちらに譲るとしても、社長の立場は簡単には務まらないので、長期的な経営者教育が必要になるでしょう。現役の社長が病気などにより職務を続けにくくなってからでは対応が遅れてしまう可能性があります。

外部から社長を招く選択肢もある

親族や従業員に次期社長を任せられる人物がいない(育っていない)場合、外部から有望な人材を迎え入れる選択肢もあります。外部の人材とは、業界での仕事または経営者として一定の経験がある人物です。この場合、従業員から反発される可能性もあるため、社長交代前に時間をかけて次期社長を会社になじませる必要があるでしょう。可能であれば、候補者を経営幹部として社長交代の数年前に雇い入れると、社長として適切か判断する時間と候補者が会社になじむ時間の両方を確保できます。

M&Aを利用する手段もある

次期社長にふさわしい人物を育成するのは時間がかかります。状況によっては、M&A(合併や買収)を利用する手もあります。自社を他社に統合してもらうのです。準備不十分な状態で次期社長を決めて迷走するよりは、他社の力を借りて事業を進めるほうがよい場合もあります。うまく統合を進められれば、資本や技術を向上させることも可能です。M&Aの成功は、自社内から次期社長を決めるのと同様に時間がかかる傾向があります。長期的な視点で考えることが大切です。

事業承継には親族に行うケース、従業員に行うケース、さらには第三者にM&Aなどの形で行うケースなど様々あります。

Related Posts