admin

タクシーの運転手さんとのよくあるエピソードベスト3

カーナビを使う事ができない

近年はどのタクシーでもカーナビは設置されていると思います。

少なくとも私が近年利用したタクシーでは全ての車両に設置されておりました。

たまに遭遇するのですが、カーナビを操作できない運転手さんがいらっしゃいます。

やはりご年配の方に多い様に思えます。

その際は私が操作できそうな機種であれば運転手さんに承諾をいただき操作させてもらいます。

操作が厳しい場合でも、時間にある程度の余裕があれば寝ずに一緒に目的地を探す事もあります。

運転手さんの生活スタイルについて質問

電車が動いていない時間帯に利用する事が多い為か、深夜早朝でも何人ものお客さんを相手しているタクシー運転手さんの生活実態に関しては興味がわきます。

色々と質問させていただくと、「24時間働いて2日休んでまた24時間働きます。」などなかなか衝撃的な回答が返ってきます。

運転手という肩書がつく職業の方全てに言える事ではありますが、くれぐれも安全第一でお願いしますと改めて思います。

地方のタクシーは料金が安い事に関する回答

都内住まいの私が出張で地方に行き、タクシーを利用すると必ず驚かされる事があります。

タクシーの初乗り料金です。

今は都内では1キロ換算ですが、2キロ換算の時代では710円でした。

それが地方へ行くと2キロ550~630円あたりです。

驚いた旨を運転手さんに話すと、「東京から来る人にはよく言われます」と回答が返ってきます。

とある運転手さんは「真っ先に浮かぶのが東京に比べて公共交通機関が整っていない地方ではタクシーを利用しやすい様にしているのかな」と言っていました。

役員運転手は、役員を安全に目的地まで送迎するための役割となりますので、とても良い待遇で雇用してもらえます。

Related Posts