admin

意外と儲かる!?タクシー運転手のメリットとデメリット

若い人でもタクシー運転手に!

従来ではタクシー運転手というと50代や60代の比較的高齢な人がする職業だというイメージがありましたが、最近では若い人でもタクシー運転手になりたいと考える人は多いです。それでは若者をも惹きつけるタクシー運転手のメリットは一体何なのでしょうか。

タクシー運転手のメリット

タクシー運転手のメリットとしては、まず歩合制であることが挙げられます。つまり頑張った分だけ収入が得られるということです。タクシー運転手の平均年収は約300万円ほどと言われていますが、中には600万円を超える人や、さらにスゴイ人だと1,000万円近く稼ぐ人もいます。一般的な会社勤めだと、多くの場合、基本給から大きく変わることはないので、タクシー運転手ならではメリットだと言えそうです。また収入面だけでなく、自由に働けることも大きなメリットです。上司や先輩はもちろんいますが、基本的には車を運転することが多いのであまり注意を受けることがありません。そのため自分の好きなスタイルで仕事に取り組める環境があると言えます。

タクシー運転手のデメリット

しかしデメリットもあります。よく言われるのは腰を痛めてしまうことです。車を長時間運転していると、常に同じ姿勢を維持することになるので腰に負担がかかってしまうのです。頑張れば頑張るほどお金が貰えるタクシー運転手だからこそのデメリットだと言えるでしょう。しかし、休憩時間に運動したり、座席にクッションを設置するなどすることで対策をすることは十分可能です。

運転手派遣とは会社が役員車や送迎車へドライバーを派遣することです。教育された運転手だけでなく、バス・福祉介護車両といった車両もセットも可能です。

Related Posts